KOCOWA

ニュース

イ・ジュンーリュ・スヨン、<俳優が変、ディレクターが変>

2017-01-12 | 閲覧数 115

眩しいほどのビジュアルと演技力まで、全てを取り揃えた俳優イ・ジュンとリュ・スヨンが週末のお茶の間に現る。



KBS 2TV新・週末ドラマ<お父さんが変>は、生涯家族だけを考えて生きてきた誠実な父親ピョン・ハンス(キム・ヨンチョル)と頼もしい妻ナ・ヨンシル(キム・ヘスク)、個性豊かな4兄妹がいる家族を中心に繰り広げられる話を描いた、愉快で感動的な家族ドラマだ。ここにイ・ジュンとリュ・スヨンの出演が決まり、新旧の調和のとれた最強ランナップが誕生した。


俳優イ・ジュンはドラマの中で、米国で成長したデビュー10年目の俳優アン・ジュンヒ役を演じる。アン・ジュンヒはすらりとした身長と優れたルックスを誇るビジュアル俳優だが、傲慢で神経質な自己中心的キャラクターだ。気難しい性格で寝床も選ぶ<神経質ボス>だが、ずっと一人で育ったせいで常に孤独を抱えている人物である。

 

イ・ジュンは様々なジャンルを超え、スクリーンやテレビを通じ視聴者に演技力を認められてきただけあって、初のKBS週末ドラマ<お父さんが変>では、イ・ジュンのどんな新しい姿を見せてくれるのか期待感が増している。


ここへ俳優リュ・スヨンが加わる。放送局の仲間たちから<マイナスの手>と呼ばれる芸能局PDチャ・ジョンファン役を演じる。劇中リュ・スヨンは学生時代からエリートと呼ばれ、出来ないことなど何もないジェントルマンのイメージを築きあげてきたが、芸能PDになった瞬間から毎日のように黒歴史を更新する人物へと変身してしまう。


リュ・スヨンは様々な作品を通じて、お茶の間での地位を確立してきた俳優だ。前作のKBS<町の弁護士チョ・ドゥルホ>では冷徹な検査役を熱演した彼が、今回の作品では、もう少し暖かく親しみやすい姿を見せるとあって視聴者の関心を高めている。


このようにそれぞれのジャンルで大活躍してきたイ・ジュンとリュ・スヨンは、<お父さんが変>で天上天下唯我独尊の俳優と、能力を証明することに必死な芸能PDとして顔を合わせ、いざこざ劇を引っ張っていく予定だ。


だけでなく、この二人がピョン一家と交わっていく過程で、自分の世代から見た愛と結婚に関する話も織り交ぜながら、このドラマに面白さと活力を加える予定だ。


KBS 2TV新・週末ドラマ<お父さんが変>は、親と子の世代が主張する卒婚と結婚、インターン制などの社会問題に浮かぶ話を、愉快で感動的に表わす作品で<月桂樹洋服店の紳士たち>の後続として放送される予定だ。



[写真提供=イ・ジュン:Prain TPC、リュ・スヨン:フライアップアップエンターテインメント]


記者:パク・ジェファン


著作権者 ⓒ KBS &KBSMedia - 無断転載及び再配布禁止​